HOME > 法人概要

会長挨拶

当法人は昭和46年12月に郵政大臣(現総務大臣)認可により社団法人として設立されました。 現在、益々高度化・多様化・複雑化する情報通信サービス事業の中で、消費者に対し適切且つ消費者の視点から助言をし、消費者の利益を保護することを重視しています。更には電気通信サービスの契約等の適正化を図り、公共の利益に寄与することを目的としています。この目的達成と激変する業務に即応可能な研修会・講習会を適宜開催すると共に会員に的確な情報伝達をいたしております。 現在販売代理店業務としてNTTを含め主要キャリアと一括契約をし、全国トップクラスの実績を重ねており、会員の資質向上と人材育成に向けコンプライアンス遵守の徹底化を図り、定期的に研修会を開催しているところです。 また、劇的に変化し多岐に亘り利活用されるブロードバンドネットワークの知識を十分理解し、斯界の日常業務に繋ぎ得る認定試験制度を平成17年より実施し、現在は『テレコムアドバイザー検定』として広く社会に開放しております。特に昨年度より会場型試験よりインターネット試験(年6回)に受験方法を変更し、受験機会の拡大を図っております。今後当協会は2025年のPSTNマイグレーションを踏まえたICT社会のネットワーク構築の一翼を担い、電気通信サービスの総合コンサルタントとして、わが国電気通信サー ビス事業の発展に尽力し貢献する所存です。
会長 足立聖治

目的

本会は、電話売買の価格決定の適正化ならびに電話売買および電気通信サービスに関する相談、苦情の処理の円滑化をはかるため、電話取引場および相談窓口機関を運営することにより、加入電話加入者等の利益を保護するとともに、電気通信サービスの契約等の適正化をはかり、もって公共の利益に寄与することを目的にしています。

会員組織

本部は東京に設置し東日本本部、西日本本部、全国に6支局、支部は27支部の組織構成になっております。
会員は正会員135名/準会員7名/合計142名(平成28年06月01日現在)